両親へ贈る用に

両家の両親へ贈るアルバムに、フォトブックを利用するという選択を取る方が増えています。

理由としては『安い』『自分で自由にデザインできる』『画質・品質が写真集並みに良い』ということが挙げられます。

その中でも特に注目すべきは、やはり【安さ】ではないかと思います。業者に頼むと数万~数十万くらいかかるものが、フォトブックだと高くても一冊一万円程度で済んでしまうのです。ここがとても魅力だと思います。

基本的には結婚式後にプレゼントする用に作り、自分達と両家の両親用で3冊頼む場合もあれば、自分たちは業者で作ってもらい、両親にはフォトブックを贈るというパターンがあります。

また、別のパターンになりますが、結婚式の最後に両親に渡す贈呈品として、フォトブックを利用することもお勧めです。お花やぬいぐるみも良いですが、両親との思い出を収めたフォトブックを式の最後に贈ることは、かなり感動的だと思います。

フォトブック会社にもよりますが、今作れるものはかなり画質が良いし、紙質・加工の質もかなり満足度高いです。自分の好きにデザインできますし、実際にプロの写真家さんでも利用している方は多いです。

フォトブックはサイズも自由に選べるので、自分たち用と両親用とでリサイズして変えることも出来ます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です